相談してアパート投資物件の知識を習得!信頼できる不動産投資会社

このシステムで救われる人

ウーマン

どちらにもメリットあり

日本ではお金や家を借りる際に、連帯保証人を求められることがあります。世界的に見ても、このシステムを風習としている国は少ないです。しかし、貸主側としてはリスクを減らすために仕方のないことかもしれません。高齢者や障害者や小さなお子さんを抱えている母子家庭など、なかなか家を借りれない人にとっては死活問題となります。そのような人のために、家賃債務保証というものがあります。連帯保証を引き受けてくれる形となり、借主はもちろん貸主側にも滞納リスクを減らせるメリットがあります。ただ、家賃債務保証をしている会社によっては、条件や審査が違うこともあり、あらかじめ確認したほうが良いでしょう。場合によっては連帯保証人が必要なこともあります。

制度が確立していく

申し込みや手続きについては、家賃債務保証を扱う会社に問い合わせするのが手っ取り早いでしょう。パンフレットや資料などを送付してくれることもありますし、ネットなどで専用のホームページを作っているところもたくさんあります。一方、貸主側にも様々な契約内容があります。保証内容が家賃だけでなく原状回復費用・修復費用が含まれていることもあります。また、併せて管理や保全など総合的なサービスをおこなっているところもあります。家賃債務保証に関して、今までは国の制度が追いついていない状況でしたが、これからは登録制にするなど大枠が固まりつつあります。また、相談窓口も作る予定となっており、借主・貸主両方が安心できる制度が確立していくでしょう。